小腸の腸壁と大腸の宿便を排出する6号食 6日め

こんな使い方紹介

体の大掃除を目的に始めた6号食 6日め。

水溶性ケイ素 トリプルディーは欠かせませんが、「加速」するために6号食を続けています。

 

 

6号食って、
1)玄米ご飯
2)具たくさんの味噌汁
3)漬物

 

 

6号食は、身体に溜まった糖分・脂肪分・カフェイン などを身体から抜き
「発酵食品である味噌の効力」で

 

1)小腸の腸壁に付いた汚れを落とし

2)大腸の宿便などを排出する事が目的です。

 

 

玄米とお味噌汁は体温を上げてくれるので、代謝の良い身体へと導いてくれるそうです。

代謝がいいってことは、そう、結果、体がすっきりとなるということです。
やった!

 

 

私は、
1)玄米を炊くときにも、トリプルディーをピュッ~と

2)味噌汁にもトリプルディーをピューっと

3)漬物をつくる、ぬかみそ床にもピューっと

たっぷりかけています。
水溶性ケイ素は、あっつい味噌汁にも、冷たい漬物にも、かけても同じ役目を発揮します。
これがいいですよね、熱いとダメとか、冷たいとダメとかがないのは、すっごいと思います。

 

 

今日は

コメント