ガラス瓶にするのはケイ素と中身が触れ合うから・・・

愛用の声

最近、なんでも入れ物はペットボトル化して、軽いし処理も簡単だし・・・なんて思っていましたが、「ガラス瓶」にするとなぜ、おいしいのかを、勝間和代さんに教えていただきました。

 

それは、「ケイ素」が鍵だったのです。

 

経済評論家の勝間和代さんは、しょうゆを特定のお店から購入されています。

 

その工場を見学させてもらって、作り手のこだわりにも「なぜおいしいのか」を知ることができたのですが、

 

私が感動したのは、下記の部分でした。

 

・・・・・・・・・・

しょうゆの瓶をペットボトルではなくガラスにするのは、光を通さないようにすることと、

 

さらにガラスの材料である「ケイ素」と

しょうゆが触れ合うことで、よりおいしくなるからだそうです。

 

ケイ素の役割って素晴らしいですね。

健康に気をつかって入らっしゃる方も多いので、勝間さんのブログの文章をお届けいたしますね。

私もさっそく購入しましたし、昔ながらのガラス瓶の良さを知り、他の食品にも目を向けてみます。

勝間和代さん、お醤油の工場の見学ブログ

 

コメント