歯磨きにシュッシュッしてみたら・・・

こんな使い方紹介

私(筆者の熊谷)は、ここ25年は病院に行ったことがないくらい元気です。

ただ、歯石は4か月に1回はデンタルクリニックで取っていただいています。
歯槽膿漏の対策です。

そうはいっても年齢を重ねると歯茎・・・、弱ってくるんですよね。
若いころのように「ピンク」とはいかなくても、歯茎がきれいだといいですものね。


そこで、水溶性ケイ素トリプルディーの登場です。

ぜひぜひ、試してみてくださいね。

水溶性ケイ素というのは「洗浄・殺菌作用」が強いです。


なので、歯ブラシにトリプルディーをスプレーに入れたものをシュッシュッして歯を磨きます。

つるつるになり、歯茎が元気になってきます。

また口臭の予防にもなると言われています。

いいですよね。

そのためには、スプレーを歯ブラシの近くにおいておくことが大切です。
そう、ついつい忘れてしまいますので・・・・。


40代以上の女性は、見た目もそうですが

「見えにくい」場所、一つは歯茎などにも心配りをしていきたいですね。

そして、歯茎は歯を支える「土手」なので、やはりしっかりとしていきたいですね。

コメント